Makanaka

Kids, smile, love, and Jesus are my everything:)

初めまして

 

こんにちは、はじめまして!

ハンナです:)

 

早速ですが自分について少し紹介させていただこうと思います。

父が台湾人、母は中国人家系という両親から日本で生まれ育ちました。母も日本生まれ日本育ちということで家では中国語ではなく日本語がメイン。じゃあお父さんとは中国語なの?ってよく聞かれますがこれが不思議で100%日本語です。(笑)

あ、でも”あなた” とか ”私” という人を示す単語だけは中国語なんですよ。

”我(ウォー)はご飯食べた。”とか(笑)はい。こんなレベルです。

ただ小さい頃から台湾に毎年行っていたり、中華教会に行っているので中国語に触れる機会はすごく多くて少しなら会話できます:)少しなら....。

 

それはおいといて、

ブログ Hands of Hope for Zimbabwe を始めようと思ったきっかけを紹介したいと思います。

 

小さい頃 ”もしも世界が100人の村だったら” というテレビ番組で自分と同い年くらいの子供たちが学校へ行かずに働かないといけない状況をみて ”どうして同じ子供で住んでいる世界がこんなにも違うんだろう”という疑問を感じました。それをきっかけに いつか学校に通えない子供へ何かしたいな、と思う自分がいました。

 

気づけば アフリカで孤児院の先生をやりたい という目標が出来ていて。

そのためにまずは英語を勉強しようということで高校卒業後にアメリカへ留学を決めました。

 

そして留学2年目の今年、自分の夢に大きく近づくチャンスが、、、

こっちで行っている教会Menlo Churchが夏に世界中へミッショントリップに行くという!!! 

そんななか南アフリカに位置するジンバブエという国で孤児の子達と交流するというチームを発見!!!

すぐに応募して見事チームに加わり今年2016年の8月25日から9月9日まで行ってきました!

 

 

いや〜〜〜素晴らしかった!!

本当に素晴らしい時間でした!!

 

たくさんの子供たちと交流する中でもっともっとここに残って一緒にいたい

という気持ちが強くなる一方、2週間の滞在を終えたらアメリカへ戻らないといけない現実。

ジンバブエに残ることはできないけれど、アメリカに戻ったとき 

良い経験だった だけで終わらせるんじゃなくて

何かそこから次に繋げることができるんじゃないか

そう思ったとき

 

そうだ!ブログを書こう!ブログを書いて自分の見たことや感じたこと、子供たちの生活や姿を伝えていこう!そしたらきっと多くの人の目にうつって、それが大きな力になるかもしれない!

 

そう思ってブログを始めさせていただきました。

まだまだ未熟者で知らないことだらけの私ですが

自分にできることを全力でしていけたらなと思います:)